塾の選び方

塾を選ぶ際、まず最初に必ず資料請求をしましょう。個別であれ、集団であれ、必ずその塾ならではの特徴があります。 お子様に合った指導してもらえるのか、こういったカリキュラムで指導してもらえるのかという親御さんの要望、そういったことに対しどれだけ対応してもらえるのか、資料を参考にして事前に調べることはとても大切です。 もちろん、実際にそこを訪れ、講師の方の話を聞いたり、体験授業受けたりすれば、より確実にその塾の方針や、お子さんにあった授業をしてくれるのか、そういった具体的な情報を把握することが可能です。 けれど、1度体験授業受けてしまうと、その後の勧誘をなかなか断りにくいという現実があります。 もう少し他のところも見てみたかった、そういった後悔をしないためにも、まずは資料を請求し、事前にしっかりと下調べをすることは、とても大切です。

資料を請求したら、それぞれの塾の特徴をしっかりと調べましょう。 個別も集団も、それぞれ特徴が異なります。ここでは中学生が通う塾を例にご説明していきます。 中学生の場合、どの学年であっても、高校入試を目的とした塾と、苦手教科の克服に力を入れている塾などがあります。高校入試を目的にしているところであっても、難関校を目指すことに力を入れているか、公立高校を目指すことに力を入れているかなどの違いがあります。個別もまた、お子さんのペースに合わせ、じっくり学習をさせるところもあるかと思えば、成績アップを公約として、ハイペースで指導するところもあります。 塾も多様化していますので、まずはどういう目的で通わせたいのか、明確なゴールを決めた上で、まずは資料請求で希望に合いそうな塾をいくつかセレクトしておくことが塾選びの最初にやるべき大切なことですね。